スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国のモメンタムストック下落の影響もあってか、個人投資家の動きが鈍い

理化学研究所などのチームが12日、iPS細胞から作った網膜細胞を患者に移植する手術を先端医療センター病院で実施したと発表したことで、今週は久しぶりに「iPS&バイオ祭り」が開催されると期待していました。

実際、12日のPTSでは、多くのバイオ関連銘柄が値上がり率上位に顔を出していました。

しかし、ふたを開けてみれば、16日の関連銘柄の多くは、ほぼ「寄り付き天井」でした。

中には失速してマイナス転換するものも出る始末です。

米国のモメンタムストック下落の影響もあってか、個人投資家の動きが鈍いですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。