スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均は目先の底入れは果たした可能性が高そうです

日経平均は13時25分に15061.99円の本日安値を付けましたが、14時に一部通信社が「GPIF改革で、日本株への配分を20%超へ調整」と報じ、これがきっかけとなり、先物・現物共に買い戻しが加速し、プラス転換しました。

取り敢えず、日経平均は目先の底入れは果たした可能性が高そうです。

ですが、日経ジャスダック平均株価も東証マザーズ指数も3日続落しました。

こちらはまだまだ調整中です。

このため、相場の体感温度は低いままですが、日経平均が堅調さを発揮すれば、明日以降、温度の上昇が期待できる状況にはなりました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。