スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当面は、太陽光発電、LEDなどを切り口にした、材料株相場

今日は超閑散相場でした。東証1部の売買代金は9001億円と今年に入って最低を記録し、売買高も14億3637万株と、今年2番目の低水準でした。

ただ、こんな相場でも、三晃金属(1972)、サニックス(4651)、高島(8007)、フェローテック(3890)、ウエストHD(1407)などの太陽光発電関連の材料株が賑わっていました。

当面は、太陽光発電、LED、スマートフォン、節電、脱原発メリットなどを切り口にした、材料株相場なのでしょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。