スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均は一時15444.63円を付け、6月23日の15442.67円を超えましたが、売り物に押され結局大引けは15369.97円でした。

ダブルトップが懸念されますが、25日移動平均線(2日現在15111.12円)を上回っている限り、本格調整入りを心配する必要はなさそうです。

ただし、割れたらヤバイですね。

一方、6月27日に急落した東証マザーズ指数は3連騰です。ですが、直近高値の6月25日の955.43ポイントに対して、本日高値は938.31ポイントで、25日高値を抜けず、また、終値は925.88ポイントと伸び悩みました。

ただこちらも、25日移動平均線(同873.29ポイント)を上回っている限り、堅調を維持できそうです。

もちろん、同線を割れたら本格調整を覚悟するべきでしょう。

いずれにせよ、日経平均も、マザーズ指数も、25日移動平均線を超えている間は、「強気」維持ですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。