スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多くの個人にとって、厳しい期末になりました

今日はマザーズ指数がナイアガラでした。終値ベースで9月11日の714.95ポイント以来およそ6カ月ぶりの低水準となりました。

定かな理由は分かりません。


市場では、明日上場予定のCYBERDYNE(7779)購入費用捻出のための換金売り、カイオム・ショック、期末を前にした個人投資家の換金売り、などが囁かれていました。

しかし、どれもこれも決定打に欠ける説明です。


ですが、個人投資家の関与率の高い銘柄群が売り叩かれ、個人の手の内とマインドが劇的に悪化したことは事実です。

多くの個人にとって、厳しい期末になりました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。