スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京株式市場の地合は悪いままです

日経平均は前引けは小幅プラスでしたが、後場にマイ転です。

FOMCを控え模様眺め気分が強まる中、手仕舞い売りが優勢になりました。

確かに、トルコなど一部の新興国通貨の急落は一服しました。

しかし、米国のテーパリング着手を背景に、資本の流出が通貨安と株安を招いた新興国に対する警戒をそう簡単には解けないというムードが継続しました。

このため、円相場が1ドル=102台半ばで高止まりしています。

東京株式市場の地合は悪いままです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。