スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14日の489.66円安の急落以降、日経平均の調整が継続中

今日の相場は、やせ馬の先走りでした。

好スタートを切ったものの、14年1月のHSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が、6カ月ぶりに景気判断の節目となる50を下回りました。

これが嫌気され、前場の日経平均は失速しました。

そして、東京外国為替市場で円相場が1ドル=104円台前半まで上げ幅を広げるにつれ、225先物に大口売りが断続的に出て裁定解消売りが誘発されました。


結果、日経平均は、ほぼ安値引けです。


14日の489.66円安の急落以降、日経平均の調整が継続中です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。