スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人が寝ている間に、まじで、こんな激しい値動きされたら厳しいですね

昨晩のNY円相場はランコルゲです。

7~9月期の米実質GDPの改善を受け、円は一時、99円41銭まで下落し、9月20日以来ほぼ1カ月半ぶりの安値を付けました。

しかし、GDPの内容が悪いと評価されるやいなや一転して、円買い・ドル売りが加速し、今度は一時、97円60銭と約1週間ぶりの高値を付けました。

また、ECBは7日の定例理事会で警戒はされてはいたものの、大方の市場予想に反して政策金利の0.25%引き下げを決めました。



これで、ユーロは全面安です。日本人が寝ている間に、まじで、こんな激しい値動きされたら厳しいですね。


まあ、とにかく、今週もトレードお疲れ様でした。よい週末をお過ごしください。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。