スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいつら、すんなりと合意はしてくれないのでしょう

今日は午前中に「米共和党が民主党の提出する予定の短期的な債務上限の引き上げ法案に対して前向きな姿勢を示した」と伝わりました。

そして、午後、プリツカー米商務長官が「まもなく政府機関の一部閉鎖が解除されるだろう」と述べたと一部で伝わりました。

これらが買い材料になりました。

しかし、暫定予算案の可決と連邦債務上限の引き上げが決着するまでは予断を許せません。

たしかに、民主党と共和党の双方が歩み寄る姿勢を見せ始めたことはポジティブです。

それでも、あいつら、すんなりと合意はしてくれないのでしょう。

特に、共和党は・・・。

困った連中です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。