スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランコルゲで勝ち抜くためには、サルになるしかありませんねぇ

大豊建設(1822)は前場に70万株の買いで30円、40円ブッ飛んだ後、値が付いた瞬間に50万の売り気配。

久しぶりの誤発注かと話題となりました。しかし、そんなことはなく、そこから不死鳥のように復活し、最終的には296円のストップ高買い気配です。

同様に、東急建設(1720)、鉄建建設(1815)もメチャクチャ強い動きでした。

ただ、上げの過程でも10ティック程度は平気で下がります。


このランコルゲで勝ち抜くためには、サルになるしかありませんねぇ。

とにかく、凄い相場でです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。