スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「週刊現代」が、原発恐いで部数急増だそうです

福島原発事故の状況が再び緊迫化しつつあります。

1号機では、“メルトダウン”が起きたとことを東電(9501)・政府が正式に認めています。ちなみに、1号機のメルトダウンは震災翌朝に発生したとのこと。それを認めたのが、つい2ヶ月経った先日ですから・・・。

マジでこの国の情報開示はいったいどうなっているのでしょうか。

また、3号機では、順調に冷えておらず、温度が上がっている状況です。この対応として、東電は15日、3号機の原子炉で再臨界が起きないよう、原子炉の冷却水に、中性子線を吸収するホウ酸を溶かした上で、同日から原子炉への注水を始めたと発表しました。

ちなみに、3号機は、水素爆発を防ぐための窒素を入れられる状況になく、万が一、爆発すれば何もできなくなるのではないかとみられており、非常に深刻な状況のようです。

なお、世間では、「週刊現代」が、原発恐いで部数急増だそうです。

(http://www.j-cast.com/tv/2011/05/13095450.html )

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。