スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28週ぶりに海外勢は売り越しに転じたのではないとみています

5月第1週(2~6日)の投資部門別株式売買動向では、海外投資家が27週連続で買い越しました。

東証によると、1995年11月第4週~96年5月第4週以来の27週連続となるということです。

買越額は762億円と前週の1216億円からは減少しましたが、この週は立会いが2日間でしたので、当然の減少でしょう。

しかし、日経平均は2日の10017.47円を高値に、本日は一時9552.93円まで下落しました。

商品市況も不穏な動きとなっていますし、どうやら5月第2週は28週ぶりに海外勢は売り越しに転じたのではないとみています。

今後、万が一、海外勢が売り越し姿勢を継続した場合、下がればETFを購入する日銀以外に日本株を誰が買うのでしょうかね。

今まで、日本人は、法人も個人も総じて、「頑張れ日本」と言いながら、セッセと日本株を売る「売国奴」でしたからねぇ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。