スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実上の「ゼロ回答」は、短期的には株式市場にはネガティブ

「日本版LTRO」導入観測がありましたが、日銀は金融政策の現状維持を決めました。

しかし、事実上の「ゼロ回答」でした。

債券相場の安定より、国債ではなくリスク資産への投資を促すポートフォリオリバランスを促すことを優先した今回の日銀の決定は、4月4日に導入を決めた「異次元緩和」と整合性がとれているとの評価は、市場では多いそうです。

しかし、どうですかね。


決まったことは仕方ないですが、中期的にはともかく、とりあえず、短期的には、株式市場にはネガティブです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。