スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こりゃ、6月SQまではダメそうですね

5月第4週(5月20~24日)の投資部門別売買動向では、信託銀行の売越額は4658億円となり、統計をさかのぼれる1996年9月以降で最大でした。

年金が信託経由で売りを出したのでしょう。

日本株が上がり過ぎて、時価総額ベースで組み入れ比率が適正比率を超えたため、比率を落としたのでしょう。


一方、個人は3週ぶりに買い越しです。買越額は4080億円で、昨年11月以降の株高局面で最も大きく、買越額は2009年6月第3週の4928億円以来の大きさでした。

さすが逆張り大好き個人です。

しかし、24日の日経平均終値は14612.45円でしたが、今日の終値は13589.03円です。

個人のマインドと手の内は23日以降、急速に悪化しているとみておく必要があります。こりゃ、6月SQまではダメそうですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。