スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年晩秋からの円高是正は最終局面に入ったもようです

19日に甘利明経済財政・再生相が「政府として一段の円安になった場合のマイナス影響を注視する」と述べました。

そして、甘利明経済財政・再生相は、21日午前の閣議後の会見で、「日本経済の基礎体力に見合ったレベルで落ち着いて、輸入・輸出の影響のバランスが取れる視点を、市場が探してくれることを期待している」とコメントしました。

7月下旬の参院選を前に、円下落や輸入コスト増に起因する生活必需品の値上がりなどで国民の不満が政権に向かうのは避けたいとの思惑もあり、昨年晩秋からの円高是正は最終局面に入ったもようです。

こうなると、昨年晩秋からの日経平均の上値トライも最終局面に入ったとみてよさそうです。

なお、日経平均上げ止まりなら、材料株相場が到来することでしょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。