スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複合要因により、個人好みの銘柄は今日暴落しました

複合要因により、個人好みの銘柄は今日暴落しました。

きっかけは、(1)「ライツ・イシュー」が嫌気されたJトラスト(8508)の急落がアイフル(8515)などの人気銘柄に波及したこと、(2)ユーグレナ(2931)が昨日2013年9月期の個別業績を下方修正を発表したことや、グリー(3632)が13年6月期の連結業績予想の下方修正を発表したこと、(3)ガンホー(3765)も後場に入り崩れたこと、などです。

結果、東証マザーズ指数は前日比86.32ポイント(8.20%)安の966.63ポイントと、6年10カ月ぶりの下げ幅でした。


個人信用に追証が発生、または、追証回避に伴う買い建て玉や、代用有価証券の手仕舞い・処分売りが東証一部のみならず、新興市場でも加速したことが響いたとみられます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。