スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の日経平均はランコルゲですた

今日の日経平均はランコルゲですた。日中値幅は301.62円と、東日本大震災後の11年3月17日の454.05円以来の大きさです。日経平均は、昨年11月15日以来の25日移動平均線(2日現在、12129.24円)を割れとなり、TOPIXは3月5日以来の1000ポイント割れとなりました。


今日は、寄り付き直後から短期筋の狼狽売りが殺到しました。一時前日比329.24円安まで下落しました。しかし、売り一巡後は急速に下げ渋りました。3日~4日開催の日銀金融政策決定会合ではETFやREITなどリスク性資産の買い入れ枠増額は見送られるとの見方が市場参加者の中で増えていることも、嫌気材料になっていました。


一方、テクニカル的に、押し目メドとしては、3月5日と6日とで空けた窓(11779.42円~11803.09円)埋めが強く意識されていたようです。


多くの友人たちがいっていたことは、「当たり前だけど、このような急落は、いつかはくるとは思ってはいたけど、実際きてみると、やっぱり、きついねぇ。」というものでした。日経平均の3月29日終値は12397.91円です。今日の安値が11805.78円ですから、1日と2日の2日間で一時592.13円(4.78%)の急落です。これだけ指数が下がれば、多くの投資家が複雑骨折したことでしょうねぇ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。