スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売り方にとっては、不気味な変化ですね

今日は午後の参院予算委員会で安倍晋三首相が官民外債ファンドについて「必要は薄まっている」と発言したことで、東京外国為替市場で円は急速に買われ、対ドルで一時1ドル=93円12銭近辺まで上げ幅を拡大しました。

これで、日経平均はやや伸び悩みましたが、昨日までと違って明らかに、株式相場は鈍感になっています。


多少の円高でも下がらない・・・、そんな感じです。


買い方にとっては良い変化ですが、売り方にとっては、不気味な変化ですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。