スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「指数上がれど、我が株上がらず、ましてや下がる」という状況

日経平均は前週末比1.94%高でしたが、東証マザーズ指数は同4.90%安でした。

マザーズ市場では特にバイオ関連の急落が目立っています。また、東証一部では、仕手系の低位材料株の下落が目立っています。

逆に、銀行、証券などの金融株や主力の輸出関連は非常に強いです。

個人投資家好みの銘柄群は非常に厳しい状況です。指数に完全に置いていかれています。

こういう「指数上がれど、我が株上がらず、ましてや下がる」という状況が、投資家にとって、最もフラストレーションが溜まるんですよね。

まあ、主力株をやっている投資家はニコニコでしょうが(笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。