スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むしろ、売り方の踏みが商い増加の主因でしょうね

1月第5週(1月28日~2月1日)の投資部門別株式売買動向では、外国人は3820億円買い越しました。昨年12月第3週の7019億円以来の高水準でした。買い越しは12週連続で、2011年12月~12年3月に並ぶ長さで、12週累計の買越額は3兆3402億円に達しました。

日本株を持たざるリスクに怯えた外国人の買いが加速したようです。

そんなこんなで、本日の東証1部の出来高は51.40億株と、東日本大震災直後で売買高が過去最大に膨らんだ2011年3月15日の57.77億株以来の多さに膨らみました。


新規ロングももちろんあるでしょうが、むしろ、売り方の踏みが商い増加の主因でしょうね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。