スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最後の踏み上げ」をやった直後から、やや強烈な調整が到来するというのがメインシナリオ

ナイトセッションで225先物3月物が16時30分に11160円と期近物としては2011年4月28日以来、約1年9カ月ぶりの水準まで買われました。

コリャ、売り方は堪りませんねぇ。ヘッジしない限り、米国株や円相場が気になって不眠症になりかねません。

ただ、信用取引の評価損益率は25日申し込み時点でプラス3.68%と前週のマイナス1.81%から改善しました。評価損益率がプラスに転じたのは2006年1月以来、7年ぶりのことです。

まあ、借金して株を買っている投資家が含み益状態というのはさすがにどうかなという感じです。

目先的には相場は9合目くらいまできたかもです。

相場観としては、これから「最後の踏み上げ」をやった直後から、やや強烈な調整が到来するというのがメインシナリオです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。