スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり、国土強靭化は必要だと思います

7日午後5時18分ごろ、青森、岩手、宮城の各県で震度5弱の地震があり、気象庁は、宮城県沿岸に津波警報を発令しました。これを受け、ナイトセッションでは、日経平均先物12月物が下げ幅を広げ、日中取引の清算値を90円下回る9470円と、9500円を一時割り込みました。

その後(18時53分現在)はやや落ち着きを取り戻しています。

気象庁によると、震源は三陸沖で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は7.3と推定されるそうです。本当に大きかったですね。

今日の地震を受け、「“地震多発時代”はまだ始まったばかり!首都圏が最も警戒すべき「巨大地震」発生の可能性――東京大学地震研究所 佐藤比呂志教授に聞く」(元記事はここ)を読み返しました。

これを読むとやはり、国土強靭化は必要だと思います。

今週も、トレードお疲れ様でした。よい週末をお過ごしください。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。