スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は足元で急騰していた銘柄の一角が高値波乱

今日は足元で急騰していた銘柄の一角が高値波乱となりました。


例えば、廃棄物再資源化大手のアミタHD(2195)は2230円で寄った後、9時26分にストップ高の2880円までカチ上がり、14時48分にはストップ安の1880円まで売り叩かれた後、前日比380円安の2000円で取引を終えました。


また、太陽電池事業を手掛けるインターアクション(7725)は24350円で寄った後、9時41分に26990円まで急騰後、14時42分に19030円まで突っ込み、結局、前日比2850円安の20000円で取引終了です。


そして、省エネ支援を手掛けるファーストエスコ(9514)は51200円で寄った後、9時18分に55800円のストップ高を付けたものの、14時15分に41800円のストップ安を付け、戻りを試そうとしたものの、結局、前日比7000円安の41800円のストップ安売り気配で取引を終えています。


なお、同様のテーマでは省電舎(1711)やユビテック(6662)がともにストップ高買い気配で取引を終えています。


これらの銘柄の勢いがどこまで続くか、生温かく見守りたいと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。