スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脱デフレ党」なんて政党が結党されたら私は絶対に応援するのですがねぇ

今日はミハイル・ジョウダン関連銘柄の一角が大暴れでした。具体的には、ジェーソン(3080)、ファステップス(2338)、大泉製作所(6618)、アクトコール(6064)、ピーエスシー(3649)、オウケイウェイブ(3808)などです。

しかし、このような時価総額僅少銘柄しか動かない相場は世も末ですねぇ。


その象徴として、56年間続いた東洋経済の「オール投資」が10月1日発売号で休刊です。

また、ここ数日間で多くのディーラーが市場から去っていったようです。

個人も、ディーラーもどんどん市場から去っていく。困った状況はまだまだ続きそうだから、頭が痛いです。

総選挙で、「政権与党になったら3ヶ月以内に消費者物価指数を3%以上にします。もし、できなかったら腹を切ります!!」という公約を掲げた「脱デフレ党」なんて政党が結党されたら私は絶対に応援するのですがねぇ(笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。