スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い残は今後もますます減少することになりそうです

7日時点の信用買い残は1兆3980億円で、前週比86億円減少しました。買い残は3月30日時点の1兆3892億円以来およそ5カ月ぶりの低水準でした。


日経平均が年初来高値を付けた3月27日(10255.15円)から6カ月後が近づき、決済期日迎えた手仕舞い売りが断続的に出て、買い残が減少しているとみられます。


その一方、相場の先高観がないため、わざわざ借金してまで株を買おうという投資家はおらず、買い残は一向に増えないのでしょう。

まあ、当分、借金してまで株を買う必要はなさそうなので、買い残は今後もますます減少することになりそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。