スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地合いの悪さのせいばかりにしても、あなたとの投資元本は一向に増えません!!

こんばんは、カブ知恵の藤井です。いつも、当社メルマガや、私のブログをお読みいただきありがとうございます。

それにしても、酷い相場が続いています。国内では政治屋が相変わらず政争に明け暮れています。日銀も真剣にデフレと戦う姿勢を示しません。一方、海外では、欧州債務不安がいまだに燻っています。中国の景気鈍化懸念も強まっています。さらに、米国の労働市場の回復も鈍いです。

円高・デフレ打開に向けた適切な政策対応は全く期待できません。世界経済の失速懸念も強い状態です。特に、世界経済の牽引役の中国経済の先行きが心配です。

こんな状態ですから、投資家は株式市場から逃げ出し、また、様子見スタンスを全く崩そうとしません。実際、8月の東証1部の1日当たり売買代金は8730億円と前月比で6%減少し、今年の最低を更新しました。

ところで、7日は、ECBが6日に理事会を開き、南欧国債の買い入れで合意したことなどで、日経平均の上昇率は3月27日以来の大きさでした。東証1部の売買代金は1兆866億円、売買高は同19億7060万株と、ともに8月8日以来、約1カ月ぶりの多さで、売買代金の1兆円回復は18営業日ぶりのことです。

ですが、日経平均が2.20%も上昇して、売買代金はたったの1兆円です。こんな低流動性相場では、個別株勝負はなかなか厳しいと思います。そこで、現在のような相場環境なら、225先物を活用することも一法でしょう。なんといっても、225先物は、個別株と違い、常に高い流動性が確保されていますから。

もちろん、なんの準備も無く、225先物の取引を開始するのは明らかに無謀です。

私は先日、縁あって「Mr.Hiltonのセミリタイヤプロジェクト225」を観る機会がありました。収録時間は5時間1分と長時間のDVDでしたので、私は3日に分けて観ました。ちなみに、Mr.Hilton氏の取引手法はデイトレード(テクニカル)が基本で、常に一定のルールで取引を行い、事前準備をしっかりやっておくということに尽きます。

「マーケットプロファイル」、「高値・安値」、「移動平均線」などで、「ポイント表」を作成し、相場のシナリオを立て、ポイント表をみながら、有利なところでエントリーをし、根拠のあるところでロスカット出来るトレードを目指すというものです。単なるシステムトレードではなく、裁量トレードである点も、私が納得できるポイントでした。

なお、Mr.Hilton氏のアプローチは、何も225先物だけに通用する手法ではありません。個別株投資にも十分活用できるでしょう。

現在のような相場低迷時、パフォーマンスの悪さを地合いのせいばかりにしても、あなたとの投資元本は一向に増えません。「Mr.Hiltonのセミリタイヤプロジェクト225」を観ることで、ご自身の取引を見直したり、実践的なテクニカルの勉強をし直したりして、現在の厳しい局面を乗り越えたいと考えるなら、是非、この機会に、ご購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Mr.Hiltonセミリタイア225プロジェクトの詳細はここ
↓↓↓
URLはここです ここをクリック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。