スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週は欧米の政策発動期待が相場を支える見通し

26日~27日の世界の金融市場はドラギさんのリップサービスを素直に好感しました。

ドラギECB総裁が26日の講演で「ユーロを守るためあらゆる手段をとる用意がある」と述べたことで、欧州債務問題に対する警戒感がいったん後退しました。

なお、具体的に何をやってくれるのか?!

これは8月2日のECB理事会ではっきりします。

こうなると、来週は、米国ではFOMCも開催される予定でもあり、欧米の政策発動期待が相場を支える見通しです。

売り方からすれば、ドラギの野郎、余計なことを言いやがってという感じでしょう。

一方、買い方からすれば、サンキュー、ドラギさんでしょうね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。