スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公募インサイダー情報漏えい 16銘柄の取引を新たに調査

民主党は公募増資絡みのインサイダー情報漏えい問題で、これまでに摘発された4銘柄に加え、ANA(9202)をはじめ16銘柄の取引を新たに調査するべきだとの考えを示したそうです。

対象は以下の通りのようです。

ANA、日医工、NEC、東電、池田泉州ホールディングス、エルピーダメモリ、マネックスグループ、国際帝石、相鉄HD、板硝子、郵船、りそなHD、新生銀、日立、東武、JVCケンウッド、NTN、東邦銀、みずほFG、三井住友FG。

またまた、問題が発覚しそうですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。