スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州政策当局の皆様、マジでお願いしますよという感じ

スペイン金融システム不安とギリシャのユーロ離脱懸念で、投資家はリスクオフを継続しています。

EU、ECB、IMFなどが、まずはスペイン救済に動かないと、現状の「リスク資産売り+安全資産買い」は日を追うごとに加速していく見通しです。

逆に、救済に動くことが期待できるニュースが出れば、急激なショートカバーが見込まれます。

ただし、期待できるニュースが出る兆しは現状みえません。

一方、今日はSNS・ソーシャルゲーム関連や、仕手系材料株の急落が目立ちました。

ほぼ間違いなく、追証絡みの投げ売りでしょう。

全体相場が下げ止まらないようなら、まだまだ、この投げ売りは出てきそうな雰囲気です。

正直、相場の体感温度は氷点下になっていますが、投資家がマジで凍死家になるまで、相場の温度は下がるかもです。

ホント、欧州政策当局の皆様、マジでお願いしますよという感じです・・・。

それでは、皆様、今週もお疲れ様でした。

よい週末をお過ごしください。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。