スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に、欧州はどうにかなりせんかねぇ

16日の東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は前週末比で6.81ポイント低下して、75.64%になりました。

これは昨年の終値ベースの安値の8160.01円を付けた2011年11月25日の76.92%を下回り、11年8月29日の73.12%以来の低水準です。

一般的に、70%前後が売られ過ぎ、底値圏とされます。これだけをみて、底入れの判定は出来ません。

しかし、世界の株式市場の癌である「欧州債務問題」が小康状態になれば、ユーロが対ドル、対円で反発し、世界の株式市場も底入れするでしょう。

しかし、本当に、欧州はどうにかなりせんかねぇ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。