スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の相場見通し/「株価対策」と「景気対策」への期待で堅調相場を想定

13日付け日本経済新聞は、「政府・与党は「銀行等保有株式取得機構」の機能を拡充し、株価指数に連動する上場投資信託(ETF)の買い取りを可能にする方向で検討に入った。買い取り資金は主にETF転換権の付いた政府保証債を個人投資家などに販売して調達。個人マネーを間接的に株式市場に誘導することで株価の底割れを防ぎ、日本の金融システムが動揺することを回避する。」と報じた。

また、現在は「経済有事」ともいうべき事態で、政府・与党が全力を挙げて難局を乗り切らねばならないとし、麻生首相は、各界各層の英知を集め、オールジャパンとして大胆な発想で、単年度でなく多年度の視野で、景気の底割れを絶対に防ぎ、雇用を確保し国民の痛みを軽減し、未来の成長力強化につなげる追加の景気対策の検討を、与党幹部に指示した。

政府・与党による「株価対策」と「景気対策」の策定が急ピッチに進む見通しが立った。この2つの対策は、4月2日のG20のお土産となる公算が大きい。

よって、来週以降の株式市場では、政策への期待から堅調な相場がイメージされる。日経平均の想定レンジは7200円~8500円程度。売り方の買戻しが下値を支えよう。

特に、株価対策の実現確度が高まるようなら、買戻しが一段と加速公算が大きい。証券各社は、新規のETFの設定に動くことが予想される。現在のETF市場の規模は2兆円程度。取得機構の資金枠は20兆円であり、おそらく、18兆円程度の新規のETFが新規で組成されることになる。また、連動させる指数はTOPIXとみている。

米国株式市場の動向や為替の動向に振らされる場面はあるだろうが、株価対策と景気対策という国内独自の材料が出たことで、これまでほど、外部環境の影響を受け難い相場つきになるだろう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。