スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場格言に「鬼より怖い一文新値」というものがあります

相場格言に「鬼より怖い一文新値」というものがあります。これは、高値をつけた相場がいったん調整し、再度、出直り、最初の高値をわずか1文(1ティック)しか更新できなかった場合、それは強烈な天井になるという格言です。

今日の共栄タンカー(9130)が正にそれでした。

12時44分に一文新値の271円を付けた直後、船底に穴が開いたかのごとく、株価は沈みました。結果、見事なまでの「2点天井」を形成しました。

今後、ネックラインの1月27日安値195円を割り込むと、相場終了でしょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。