スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週は、橋梁・道路に代わって、仕手系材料株が火柱を上げる

さすがに化け物みたいに強かった日本橋梁(5912)も失速しました。5日連続ストップ高で、株価は一時2.6倍になったんですからスゴイの一言です。

なお、この象徴的な動きで、目先は橋梁・道路株は調整入りでしょう。

今後は、主力株に主たる資金は向かう見通しです。

しかし、肉食系の短期資金は仕手株に向かうとみています。

なぜなら、K氏の『般若の会』のHPでは、「(当該HPでは名指しはしていないものの)新日本理化(4406)が、1月24日以降には上値が軽くなって意外と簡単に930円の高値を抜いてくることも十分考えられます」、「来年は年明け早々にも第二の○○○○○を目指して出世株が誕生する予感がします」と、昨年12月29日更新していたからです。

実際、既に本日、新日本理化は昨年12月12日の930円をブレイクし、一時969円まで上昇し、前日比64円高(7.10%)の965円で取引を終えています。

よって、来週は、橋梁・道路に代わって、仕手系材料株が火柱を上げることになるとみています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。