スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこを見渡しても、明るい話題は見当たらず、本当に冴えない相場

日経平均は12月のSQ値8478.46円の攻防でした。これを割り込むと、需給が悪化しますの、下値不安が強まることでしょう。

なお、新日本理化(4406)は日足ベースの一目均衡表の転換線(14日現在、820円)が強力に抵抗中です。

また、本日東証一部上場のネクソン(3659)は公募価格1300円に対して、初値は1307円と案外な初値を付け、結局終値は1270円と、初値はもちろん公募価格を下回って上場初日を終えました。正直、ガッカリの動きです。

どこを見渡しても、明るい話題は見当たらず、本当に冴えない相場になっています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。