スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕手系材料株のシンボルストックの新日本理化がストップ安売り気配で取引を終了

今日は、仕手系材料株のシンボルストックの新日本理化(4406)がストップ安売り気配で取引を終了しました。これについては、「兜町Aチーム」の私のコラムで、前引け後に警戒のアラートを発していました。現在、「兜町Aチーム」は無料お試しをやっています。ご興味のある方は、是非、この機会に、「兜町Aチーム」をお読みください。


無料お試しはこちらからどうぞ。
↓↓↓↓
http://www.kuroiwa-am.co.jp/company/contact.html

お問い合わせ内容の欄に、「「兜町Aチーム」無料お試し購読希望」とご記入ください。

ちなみに、今日の私のコラムの抜粋は以下の通りです。

それはさておき、こんな相場でも、日銭を稼がなくてはならない、証券自己やデイトレーダーは、11月以降、仕手系材料株中心に、積極的に売買しています。

ですが、本日前場、この仕手材料株相場の発生のきっかけとなった、「りかちゃん」の様子がおかしくなりました。もしかしたら、「ガラ」が来るかもです。要警戒ですね。

新日本理化(4406)の前引けは843円前日比75円(8.17%)安です。11時21分には同108円(11.8%)安の810円まで下落する場面がありました。下落過程で、これまでみたこともない成り行き50万株の売りも出ていたようです。テクニカル的には、5日移動平均線(13日前場段階、886円)を割り込みました。MACD(12日―26日)とシグナル(9日)は既にデッド・クロスしています。新値足も陰転(陽転値918円、陰転値843円)しました。
ただし、前引け時点では、日足ベースの一目均衡表(同、840円)を超えています。しかし、本日、この転換線を割り込んで引けるようだと、マジで、「りかちゃん」はナイアガラになるかもしれません・・・。転換線を超えたままなら、切り返す可能性も残ります。「本日、転換線を超えて終われるかどうか・・・」、生温かく見守りたいと思います。万が一、りかちゃんがナイアガラになるようなら、これまで連れ高していた、仕手系材料株も巻き込まれる可能性が高いですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。