スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかし、中期的には全く強気になれません

日経平均の上値は重かったです。

テクニカル的には、13週移動平均線(1日現在、8645.65円)や、9月の月中平均8695.42円、8630円(225先物12月限の10月31日高値は9160円、その後の安値は11月28日の安値8100円。下げ幅は1060円。この半値戻しが8630円。)、9月のSQ値8732.49円、などが抵抗として意識されているのでしょうね。

一方、11月のSQ値8542.82円、日足ベースの一目均衡表転換線(1日現在、8394.83円)を上回っている限り、下値不安が強まることはないとみています。

取りあえず、10月31日の9152.39円で天井となり、11月25日の8135.79円で目先底を入れたため、当面は戻り相場とはみています。

しかし、中期的には全く強気になれません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。