スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「四の五の言わず、サッサと札刷れよ」といいたいですねぇ

フランス国債格下げの噂でユーロが売られ、これが嫌気され、本日の日経平均は8500円大台を割り込んで取引を終えました。

当面の重要な価格は11月のSQ値8542.82円です。これを割り込んでいる限り、下値不安が強まることでしょう。

10月5日の8343.01円がサポートするかが目先のポイントですね。

そういえば、日銀のバカどもは、景気判断を下方修正したものの、追加の金融緩和を見送り、無担保コール翌日物金利の誘導目標を現状の0~0.1%前後に据え置く方針を全員一致で決めました。

マジで、こいつら、デフレを全力で克服するつもりがないなら、全員とっとと辞めて欲しいですねぇ。

市場的には、明日から即、消費者物価指数を+2~3%にして欲しいくらいなのに・・・。

「四の五の言わず、サッサと札刷れよ」といいたいですねぇ、困った連中です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。