スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当分諦めて、相場を眺めるしかありませんねぇ

ベルルスコーニ首相の退陣表明でも、イタリア国債の利回りは高止まりしています。ですから、欧州債務不安が燻り続けています。

また、為替市場では円高が継続し、対ドルでは1ドル=77円台に突入です。

そして、トヨタ(7203)が、12年3月期の通期業績予想をタイの洪水の影響により見極めきれないとして取り下げるなど、タイの洪水の企業収益のへの影響が不透明さを増しています。

さらに、オリンパス(7733)が上場廃止リスクを嫌気した投資家の売りを浴び、連日でストップ安売り気配です。日本企業のガバナンスにクエッションマークが付いています。

投資環境は、独仏が対ギリシャ、スペイン、イタリア問題に対して、何もしないのではないかと市場が恐れた9月下旬から10月初旬ほどは、悪くはありません。

ですが、気分良く上値を買う材料も皆無です。特に、日本株は・・・。政府・日銀は無策です。

当分諦めて、相場を眺めるしかありませんねぇ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。