スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チマチマせず、50兆円程度増額とか、思い切って欲しいものです

韓国の中央銀行の韓国銀行は2日、外貨準備の運用手段多様化の一環として13年3カ月ぶりに金(ゴールド)を取得したことを明らかにしました。

米国債の価値低下、米ドルの先安観の強まりを受けてのことです。

また、3日午後、16時過ぎに東京外国為替市場で円相場が初めて1ドル=76円台を付けました。

ドル下落に歯止めが掛かりません。

現状のように、中期的なドル下落が予想される状況で、政府・日銀がカネをドブに捨てるがごとく、単独介入しても、効果は全く期待できません。

とにかく、日銀が思い切った金融緩和策を打ち出すしかないですね。

4~5日の金融政策決定会合で日銀は国債や社債などを買い取る基金の規模を現在の40兆円から5兆~10兆円程度拡大する案が有力だそうです。

でも、この金額では市場は好感しない、少なくとも、びっくりしないですね。

チマチマせず、50兆円程度増額とか、思い切って欲しいものです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。