スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後場は、個人信用の追証絡みの売りが出たと観測されます

調整局面だから当たり前といえば当たり前ですが、今日の東京市場はメチャクチャ弱かったですね。

まあ、30日のNYダウがほぼ横ばいで、ナスダックが約12年10カ月ぶりの高値で終了し、さらに、対ドルの円相場も1ドル=98円付近でほぼ横ばいなのに、シカゴ日経平均先物9月限(円建て)は13720円大証清算値比170円安でした。


寄り付き前の私の想定レンジは13613.78円~13909.45円でしたので、今日のレンジ(13644.21円~13836.03円)は概ね想定の範囲内でした。


しかし、終値は想定レンジ下限です。引け味が非常に悪いですね。


おそらく、今日の後場は、個人信用の追証絡みの売りが出たと観測されます。
スポンサーサイト
注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。