スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株を枕に寝るなんて怖いことはできませんねぇ

日経平均は26日に8359.70円を付ける過程で、過度の悲観を織り込んだ可能性はあります。このため、売り方の買戻しを誘うべく、買い仕掛けが入る余地は残っています。この場合、9月16日の8864.16円が重要な価格とみています。これを上抜けると、売り方の損失覚悟の買戻しが加速し、9月1日の9098.15円までの戻りが期待できるでしょう。

まあ、それもこれも、欧州問題が改善に向かう、若しくは、小康状態を保つことが必要です。逆に、またゾロ、危機を煽るような、若しくは、市場の神経を逆なでするような要人発言や、国債や金融機関の格下げ等の悪材料が飛び出し、欧米市場が波乱になれば、ちゃぶ台返しで、再び、8359.70円を目指すことになる可能性が高いことはいうまでもありません。

とにかく、全ては欧州次第という不安定な状況では株を枕に寝るなんて怖いことはできませんねぇ。ホント、マジでなんとかして欲しいですよ。

スポンサーサイト
注目の投資商品
プロフィール

カブ知恵

Author:カブ知恵
早稲田大学卒業。日興証券、独立系投資顧問等を経て、2005年カブ知恵設立。
株式市場を鋭く斬っていきたいと思います!

最新記事
個人投資家向け株式情報
個別株戦略レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。